なぜ、新規事業開発担当者はアートに触れたほうが良いのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をするのに不便することが少なくなった現代では、不便なものを便利にするような決まりきった価値を磨くのでは他社との差別化ができずコモディティ化するため、自分のこだわり(感性)に目を向けることが、新しい価値を生み出すのに必要になりました。

スティーブ・ジョブズは、自分が美しいと魅了されたカリグラフィーの要素(フォント)をPCに取り入れることで新たなPC(mac)を生み出し世の中から反響を得ました。
    「カリグラフィ フリー画像」の画像検索結果

アートを鑑賞すると、自分のこだわり(感性)に気づけます。

感想をどんどん広げていく据えに、感想の中でも自分が見たい観方(こだわり)があることに気づくのです。

アートは、自分のこだわり(感性)に気づけるため、これまでにはなかった新たな価値を生み出す素地をつくります。

ただ、普段アートに触れていない人からすると、アートは高尚で難解なイメージあります。

そこで、はたらける美術館では、鑑賞したアートについて段階を踏みながら質問してくれるアートガイドが付き、普段アート鑑賞をしない人でもアートを通じて自分のこだわり(感性)に気づけるようなアート鑑賞プログラム「ARTforBIZ」を用意しているのです。

新規事業を考えるなど、正解のない問いに悩み、モヤモヤしているときに、自身のこだわり(感性)を見つめなおす内省の機会として「はたらける美術館」をご利用ください。

はたらける美術館の詳細についてはこちらから
http://art-housee.com/yoyogi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はたらける美術館に関してお気軽にお問い合わせください





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

本文

PAGE TOP